京都の古い町屋を借りてカフェをオープンしたい

京都には今でも古い町屋があちらこちらに残っています。間口は狭く、やたらと奥行きのある様は「鰻の寝床」とも言われ、古都・京都を強く印象づける建物です。神社仏閣などと違い、そこは人が住む空間です。時代は大きく変わり、人々が住む住居も大きく様変わりしてきました。そんな中、過去の日本人の生活を今に伝え続けている町屋は、愛好家がいるくらい再び評価をされているのです。

町屋と言っても、いろいろあります。今も住居として人が住み続けているものもあれば、その京都らしい風情を活用して店舗としている例もあります。変わったところでは、最先端の技術を駆使するハイテク企業の本社事務所が、創業の地である古い町屋のままというケースもあります。その京都らしいたたずまいは、多くの顔を持っているのです。いかに活用するかは、アイデア次第と言うことでしょう。そして京都らしさを求めてカフェとして活用するのも、想像力を存分に試す良い機会となるのではないでしょうか。